健康食品
ブログパーツ

2013年12月08日

W杯組み合わせ・・・グループC


ついにW杯の組み合わせが
決定しましたね・・・サッカー


<グループC>
コロンビア、ギリシャ、コートジボワール
そして日本・・・日本


あまり聞かない国がありますが
順位では日本が最下位のようです・・・
・・・ちょっと心配icon11






sportsnavi.com
******************************************************
W杯抽選決定:ブラジルには厳しく、アルゼンチンには朗報か。そして日本は・・・

さて、W杯組み合わせが決定した。
大会まで7ヶ月ある中で予想をするのは難しいのだが、それを承知の上で、
各グループの行方を占ってみたい。

<グループA>
ブラジル、クロアチア、メキシコ、カメルーン

ブラジルにとっては比較的厳しい組み合わせとなった。

過去の大会では、開催国は有利な組み合わせになるよう仕組まれているのでは、
という噂もあったが、南アフリカ大会あたりからそういう声は聞かれなくなったように思う。
今回についても、クロアチア・メキシコ・カメルーンのいずれも、W杯での経験が豊富な曲者であり、
決して油断はできない。ブラジルにとっては、グループ1位を逃すと、決勝トーナメント1回戦で
いきなりスペインと戦う可能性が大きいために、取りこぼしは許されず、
その意味でも厳しい結果だと思う。

なお、ブラジルとしては、仮に決勝トーナメント1回戦でスペインを避けられたとしても、
オランダが対戦相手となることが濃厚なだけに、いずれにせよ、気が抜けない。
また、仮に決勝トーナメント1回戦を突破したとしても、準々決勝はグループCかDの国なので、
やはり気は抜けない。ブラジルの決勝までの道のりはかなりシンドイのではないだろうか。


<グループB>
スペイン、オランダ、チリ、オーストラリア

前回王者のスペインの緒戦の相手はオランダ。いきなり、前回大会の決勝の再現となった。
個人的には、この緒戦で負けたチームはダメージが大きいと思う。オーストラリアは論外として、
チリはビダルやアレクシス・サンチェス擁する好チームであり、一筋縄ではいかないチームである。
そういう意味で、チリに勝たないとマズい、という状況でチリ戦を迎えるのは、結構シンドイと思う。
さらに、2位通過となった場合は、決勝トーナメント1回戦でブラジルと当たるのが濃厚なだけに、
その意味でも、スペインもオランダも緒戦は負けられないと思う。注目の一戦である。


<グループC>
コロンビア、ギリシャ、コートジボワール、日本

日本にとっては厳しい組み分けだと思う。行けるという声もあるかもしれないが、
個人的には結構厳しいと思う。いずれのチームも情報が少なく、不気味なチームである。

コートジボワールは、衰えたとはいえまだドログバがおり、またシティで好調のヤヤ・トゥーレがいる。
日本のディフェンスがこうしたフィジカルの強い相手と渡り合っていけるのか。不安はぬぐえない。
かなり前の親善試合ではあるものの、2010年のW杯直前には、0-2で良いところなく敗れている。
個人的にはコートジボワール戦が、グループリーグ突破の肝になると思う。

ギリシャに関しても、ビッグネームこそいないものの、前回大会も出場しているし、侮ってはいけない。
2005年コンフェデで1-0で勝っているものの、随分前の話であり、最近の対戦はないだけに、どう転ぶかわからない。

最後に、コロンビアは、ファルカオくらいしかビッグネームしかいないが、
FIFAランキング4位であるし(あまりアテにならないランキングではあるが)、
日本が苦手とする南米なだけに不気味である。

個人的に一番怖いのは、いずれもあまり知られていないチームだけに、
「行ける、行ける」という楽観ムードが高まり、緊張感を欠いてしまうことである。
日本代表の過去の歴史を振り返っても、直近の試合でベルギーに勝ったときもしかり、
2010年W杯もしかりであるが、叩かれて、危機感がある時にこそ力を発揮することが多いように思う。

逆に、「行ける」と思われた2006年W杯では惨敗に終わっている。相手をリスペクトし過ぎるのもよくないが、
日本代表はまだ発展途上のチームであることを忘れず、決して油断しないで欲しいと思う。


<グループD>
ウルグアイ、コスタリカ、イングランド、イタリア

この組が一番厳しいだろうか。イングランドファンの自分にとっては辛い結果である。
緒戦のイタリア戦次第だが、グループリーグ突破は厳しいのではないだろうか。
緒戦からイタリア戦、ウルグアイ戦と続くだけに、ここの2試合でどれだけポイントを奪えるのかが鍵となる。
ウルグアイのスアレスとしては、いつも対戦しているイングランドのDFは組み易いのではないか。いやはや。恐ろしい。


<グループE>
スイス、エクアドル、フランス、ホンジュラス

この組は最も易しいグループだと思う。ギリギリで出場を果たしたフランスはラッキーとしかいいようがない。ここ数大会は期待を裏切ってきたフランスだが、さすがにこの相手では、グループリーグを突破できるのではないだろうか。なお、フランスは、決勝トーナメント1回戦でアルゼンチンさえ避けられれば、グループFに他に目立ったチームはいないだけに、準々決勝まで行ける可能性も相応にある。ここ最近ふがいないフランスとしては、ベスト8まで行けば名誉回復といったところではないか。


<グループF>
アルゼンチン、ボスニア・ヘルツェゴビナ、イラン、ナイジェリア

今回の抽選で一番の恩恵を受けた優勝候補はアルゼンチンだと思う。グループリーグ突破は確実であろう。決勝トーナメント1回戦の相手となるグループEにも、フランスを除けば強豪国はなく、また、そもそも今のフランスはそこまでの強豪国とはいえない。ベスト8までは楽に進むのではないだろうか。他の優勝候補(スペイン、ドイツなど)は、緒戦から飛ばしていかないといけないと思われる中で、グループリーグである程度楽できそうなアルゼンチンは有利であろう。メッシとしては、今大会こそ優勝してマラドーナに肩を並べたいところだと思う。

また、今大会初出場のボスニア・ヘルツェゴビナ、アフリカン・ネーションズ・カップの覇者ナイジェリアにとっても、躍進を狙うチャンスである。


<グループG>
ドイツ、ポルトガル、ガーナ、米国

ドイツの緒戦は2012ユーロ緒戦と同じポルトガルとなった。難敵である。このグループは、他にも、アフリカ最強と目されるガーナと、北中米最強と目されるアメリカが入っているので、決して気は抜けないと思う。もっとも、2位通過であっても、グループHに強敵はいないだけに、取りこぼしも許容し得るという意味で、まだ楽な方だと思う。

米国にとっては極めて厳しい結果となった。残念ながら、グループステージ突破は難しいであろう。


<グループH>
ベルギー、アルジェリア、ロシア、韓国

ここはグループEに次いで易しい組だと思う。韓国の強運には恐れ入る。もっとも、最近の韓国は以前ほど強くないし、カペッロ率いるロシアも侮れない。決して楽勝のグループでないことには注意が必要である。ベルギーについては、下馬評どおりの実力が出せるのか、注目したい。


******************************************************


同じカテゴリー(スポーツニュース)の記事画像
羽生が緊急帰国 車いすにマスク姿…
凄いですね・・・錦織圭決勝へ
いよいよ・・・コロンビア戦
すげー…ホームラン攻勢!!
勝ちましたね〜イラク戦(^-^)
WBC日本13%…アメリカ66%
同じカテゴリー(スポーツニュース)の記事
 羽生が緊急帰国 車いすにマスク姿… (2014-11-09 20:54)
 凄いですね・・・錦織圭決勝へ (2014-09-07 10:05)
 いよいよ・・・コロンビア戦 (2014-06-24 22:01)
 すげー…ホームラン攻勢!! (2013-03-10 20:20)
 勝ちましたね〜イラク戦(^-^) (2012-09-12 12:30)
 WBC日本13%…アメリカ66% (2012-09-05 12:27)


私のツイッター
ブログランキングはこちら

このたびメルマガを発行する運びとなりました^^
手荒れで悩んでいる方に活用していただければと思います!!

『ひび・あかぎれサポート日誌』(ID:0000260683) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。

Posted by アレックス at 18:323 │Comments(0)スポーツニュース
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。